幼児サッカー練習法 ドリブル編〜相手をかわす基本 インサイドタッチ・アウトサイドタッチ〜
2015.10.22 Thursday 01:18
クオラFC幼稚園・保育園ドリブル突破
こんばんは。クオラFC監督の濱口です。
さて前回に引き続きドリブルの基礎を幼稚園・保育園児に教えていくかをテーマにお送りいたします。

さて前回の幼児サッカー練習法 ドリブル編〜前に進むための基本 インステップドリブル〜編に続いて今回は相手をかわすためにインサイドタッチ・アウトサイドタッチを習得していきましょう(*´ω`)

インステップドリブル習得しましたか?難しくてまだ出来てない子はもう一度頑張って出来るまでやりましょう!出来なくってもいいんです!出来ないからもう一度インステップドリブルが練習できるじゃないですか!!出来ないことに感謝して練習に取り組みましょう。それでも出来ないならまた練習する!それでも出来ないならまたまた練習する!!それでも出来ないならまたまたまたまたまた練習する( ゚Д゚)!!!!!!子どもに洗脳するように唱え続けてください(笑)
出来ないから止めた・・・これが一番ダメです。出来なくてもいいんです。少しずつ練習して身体で覚えましょう。

インステップドリブルは前に進むドリブルです。
サッカーは相手がいます。相手はボールを取りに来ます。ボールを奪いに来ます。しかも執拗に執念を感じ怖いぐらいに奪いに来ます。
この幼児期の精神的観点から見ると、俺のものは俺のもの、お前のものも俺のものというジャイアン的な考えが普通です(笑)おもちゃで遊んでいる場面でも、あっちこっちで取り合いの喧嘩が頻発します。年中から年長そして小学校に入るくらいになるとおもちゃを共有しあって一緒に遊ぶようになりますんでこれはしょうがないところです(笑)

話が少し脱線しましたが、サッカーでも同じでボールを持ってる相手に敵味方関係なく奪いに来ます(笑)敵・味方関係なく奪いに来ます。てき・み か た関係なく奪いに来ます。(大事な事なので3回書きました)
そこでインステップドリブルで突進していっても奪われたり、蹴り返されて馬群もとい人群に埋もれていってしまいます。

そこでインサイドタッチ・アウトサイドタッチでボールを触り、横にずらすだけでスルリとかわせて抜けるドリブル(突破のドリブル)が出来るようになります。
インステップドリブル同様に、蹴るんじゃなくインサイド・アウトサイドで触るだけでボールは横にずれます。(ボールは丸いから少しの力で軌道が変わります)

インステップドリブルで前に進み、相手に見立てたマーカー(なければペットボトル・石ころなんでも目印になればいいです)をインサイドタッチ(アウトサイドタッチ)で横にずらしてマーカーに当たらずにかわせるようになるまで練習しましょう。
最初の内は、インサイド・アウトサイドで蹴ってしまい、ボールが身体から離れてしまう事が多いです。蹴るんじゃなく、タッチ(触る)を意識して行いましょう。

また、この練習で一番大事なことはルックアップ(顔を上げて周りを見る事)し、マーカーを目で捉え、距離感を掴むことです。足元のボールを見て行っても、マーカーにぶつかって出来ませんのでルックアップを徹底的に意識しましょう。

インステップドリブル、インサイドタッチ・アウトサイドタッチ、ルックアップが出来るようになれば前と左右に動けるようになりますのでしっかりと練習を行いましょう(*´ω`)

にほんブログ村 サッカーブログ キッズサッカーへ
にほんブログ村
| くおパンダ | キッズサッカー 幼児サッカー 幼稚園・保育園 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
クオラFC
クオラFC
クオラFCトップ
クオラFC
クオラFC
クオラFC幼児
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM