幼児サッカー練習法 ドリブル編〜ボールを止める・止めた状態から動かす基本 ストップ&ゴー〜
2015.10.23 Friday 22:48
クオラFC幼児キッズサッカー得点を喜ぶ
こんにちはクオラFC監督の濱口です。
今回も引き続き、幼稚園・保育園児にドリブルの基礎を修得させる事をテーマにお送りいたします。

前回、前々回とドリブルの基礎、前に進む『インステップドリブル』と左右にボールをずらす『インサイドタッチ・アウトサイドタッチ』の練習法を記載しました。

まだうまく出来ていない子は
幼児大会ゴール集
ドリブル編  〜前に進むための基本 インステップドリブル〜
でもう一度復習しましょう。


さて、インステップドリブル、インサイドタッチ・アウトサイドタッチで前に進む、左右にかわす事を意識してドリブル練習を行うとある程度自分が描く場所へとドリブルする事が可能になってきたかと思います(*´∀`)

今回はドリブル中にボールを止める・止めた状態から動かす事を練習しましょう。
ボールを止める為に使用する箇所は、足の裏・インサイド・アウトサイドの3つが主な箇所になります。

止まると言ってもドリブル中にピタッと止まる急停止や、徐々にドリブルスピードを下げて減速しつつ止まるの2パターンがあります。

急停止  相手も一緒に並走している時に急停止すると相手をよろめかす事ができる。
減速      前方に相手がいる場合、相手との間合いを調整するために減速する。

両方とも大事です(*´ω`*)

まずはボールの真上から片足をのせ足の裏、指先からかかとまで全体を使い前後にコネましょう。
注意することは力を入れずにスッスッと前後ろ前後ろ前後ろ・・・左右で行って下さい。
次に左右にコネます。この時は足の裏の土踏まずより少し前にぽこっと盛上ってるボシキュウで行います。こちらも左右で。ボールを足の裏で前後左右に動かし、足裏の感覚をつかんでください(*´ω`)

出来る様になったら、足の裏だけで転がし追いかけて止める練習を行いましょう。あくまでも止める練習ですので強く蹴ったりしないで足裏で転がして止める、足裏で転がして止めるを繰り返し練習します。

止める時に身体が少し後ろに重心がかかるようにするのがコツです。前傾姿勢になってしまうとふらついたりこけたりしちゃいます(*_*;足の裏でピタッと急停止出来るようになるまで練習しましょう。

急停止できるようになったら、止まった後に動き出しの為にボールを前に押し出しドリブルを再開しましょう。まずは足裏で止めたら足裏を下ろさずに前に押し出してみましょう。出来る様になったら素早く急停止→再開、急停止→再開と意識しましょう。
足の裏で出来る様になったら、足の裏をこねてインサイド・アウトサイドで押し出すようにするとより早く、急停止からの急発進、ストップ&ゴーが出来る様になります。

ストップ&ゴーが出来るようになると相手のスキをついて抜き去ることが出来るようになります。これがフェイントの第一歩になりますので一生懸命練習して習得してください(*´ω`)

ドリブル編  〜前に進むための基本 インステップドリブル〜

にほんブログ村 サッカーブログ キッズサッカーへ      
少年サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村
| くおパンダ | キッズサッカー 幼児サッカー 幼稚園・保育園 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
幼児サッカー練習法 ドリブル編〜相手をかわす基本 インサイドタッチ・アウトサイドタッチ〜
2015.10.22 Thursday 01:18
クオラFC幼稚園・保育園ドリブル突破
こんばんは。クオラFC監督の濱口です。
さて前回に引き続きドリブルの基礎を幼稚園・保育園児に教えていくかをテーマにお送りいたします。

さて前回の幼児サッカー練習法 ドリブル編〜前に進むための基本 インステップドリブル〜編に続いて今回は相手をかわすためにインサイドタッチ・アウトサイドタッチを習得していきましょう(*´ω`)

インステップドリブル習得しましたか?難しくてまだ出来てない子はもう一度頑張って出来るまでやりましょう!出来なくってもいいんです!出来ないからもう一度インステップドリブルが練習できるじゃないですか!!出来ないことに感謝して練習に取り組みましょう。それでも出来ないならまた練習する!それでも出来ないならまたまた練習する!!それでも出来ないならまたまたまたまたまた練習する( ゚Д゚)!!!!!!子どもに洗脳するように唱え続けてください(笑)
出来ないから止めた・・・これが一番ダメです。出来なくてもいいんです。少しずつ練習して身体で覚えましょう。

インステップドリブルは前に進むドリブルです。
サッカーは相手がいます。相手はボールを取りに来ます。ボールを奪いに来ます。しかも執拗に執念を感じ怖いぐらいに奪いに来ます。
この幼児期の精神的観点から見ると、俺のものは俺のもの、お前のものも俺のものというジャイアン的な考えが普通です(笑)おもちゃで遊んでいる場面でも、あっちこっちで取り合いの喧嘩が頻発します。年中から年長そして小学校に入るくらいになるとおもちゃを共有しあって一緒に遊ぶようになりますんでこれはしょうがないところです(笑)

話が少し脱線しましたが、サッカーでも同じでボールを持ってる相手に敵味方関係なく奪いに来ます(笑)敵・味方関係なく奪いに来ます。てき・み か た関係なく奪いに来ます。(大事な事なので3回書きました)
そこでインステップドリブルで突進していっても奪われたり、蹴り返されて馬群もとい人群に埋もれていってしまいます。

そこでインサイドタッチ・アウトサイドタッチでボールを触り、横にずらすだけでスルリとかわせて抜けるドリブル(突破のドリブル)が出来るようになります。
インステップドリブル同様に、蹴るんじゃなくインサイド・アウトサイドで触るだけでボールは横にずれます。(ボールは丸いから少しの力で軌道が変わります)

インステップドリブルで前に進み、相手に見立てたマーカー(なければペットボトル・石ころなんでも目印になればいいです)をインサイドタッチ(アウトサイドタッチ)で横にずらしてマーカーに当たらずにかわせるようになるまで練習しましょう。
最初の内は、インサイド・アウトサイドで蹴ってしまい、ボールが身体から離れてしまう事が多いです。蹴るんじゃなく、タッチ(触る)を意識して行いましょう。

また、この練習で一番大事なことはルックアップ(顔を上げて周りを見る事)し、マーカーを目で捉え、距離感を掴むことです。足元のボールを見て行っても、マーカーにぶつかって出来ませんのでルックアップを徹底的に意識しましょう。

インステップドリブル、インサイドタッチ・アウトサイドタッチ、ルックアップが出来るようになれば前と左右に動けるようになりますのでしっかりと練習を行いましょう(*´ω`)

にほんブログ村 サッカーブログ キッズサッカーへ
にほんブログ村
| くおパンダ | キッズサッカー 幼児サッカー 幼稚園・保育園 | comments(0) | - | pookmark |
幼児サッカー練習法 ドリブル編〜前に進むための基本 インステップドリブル〜
2015.10.21 Wednesday 22:35
こんばんは。クオラFC監督の濱口です。

サッカーと出会ったばっかりの子ども達はとりあえずボールを蹴ります。
ボールがあったら蹴る。転がってきても蹴る。空振りしようがおかまいなしに蹴りまくります(笑)

幼稚園・保育園児のキッズ年代の子ども達のサッカーのイメージは足でボールを蹴る事がサッカーだと思っています。ボールを蹴る・・・大いに結構です(笑)

しかし、それはボール蹴りであって『サッカー』ではないんですね(-_-;)
(ボールを遠くまで蹴った人が優勝や30秒間に何回ボールを蹴れるか競い合うスポーツがあれば別ですが・・・)

ということで前置きが長くなりましたが、今回は幼稚園・保育園児にドリブルの基礎を教えていくにはどうするかがテーマです。

まずは、子ども達に好きなようにドリブルをさせてください。サッカーに出会ったばっかりの子はつまさきでボールを蹴ってボールを追いかけては蹴り、ボールを追いかけては蹴りを繰り返していると思います。この状態は犬で例えるとご主人様の言いつけを守れないしつけのなってない犬の散歩と一緒です"(-""-)"
しかし、誰しもが通る道ですので(メッシやCロナウドも香川真司も本田も多分通った道)気にすることはありません。

次にサッカーで使う足の場所を教えてください。
『つまさき、あしのうら、かかと』この3つは年長さんぐらいになるとわかる場所ですね。
次に『インサイド・アウトサイド・インステップ』この3つはサッカー用語になりますんで初めての子ども達はこんがらがります、ごちゃごちゃになります(*_*;
めげずに覚えましょう(笑)
幼児で覚える足の場所はこの6つ、そして両足ですので全部で12箇所ということを子ども達に教え込みます。子どもは単純に12箇所あることに驚きと歓声が沸き上がります(笑)

例)サッカーで使う足の場所は(足を触りながら)『つまさき、あしのうら、かかと、いんさいど、あうとさいど、いんすてっぷ』の6個で、足は2本あるから6+6で12個の場所があります。つまさきだけのドリブルと12個全部使ったドリブルはどっちが強いと思う?
・・・等と問いかけていくと意識が変わります。

そこからまずはインステップでボールを触ってみる所から始めます。つまさきでボールを触ってみるとわかると思いますが、つまさきでボールを触るだけでもボールは遠くに転がっていきます。そこでインステップで触ってみるとボールはほんの少しだけしか前に進まないのですがそれでOKです。前に進まないのでインステップで何度も何度もタッチすると必然と前に進み始めます。もちろんタッチする足は利き足だけです。(左右で触るとできません(*_*;)
慣れないうちは足が引っ掛かったように動きづらいかもしれませんが、まずこのインステップで前に進むドリブルを覚えるまで繰り返してみてください。
強く蹴りすぎる子にはボールは『卵』蹴ったら割れる、優しく触る程度に等の声掛けを、
つまさきで触る子にはインステップの場所をしっかり触って、触らせて、つま先立ちのイメージであてておろすを意識させて繰り返し根気強く見てみましょう。


インステップで前に運べるようになると飛躍的にサッカーらしくなっていきます(笑)
個人差が多い幼児期ですので焦らずじっくり覚えていきましょう(*´ω`)

にほんブログ村 サッカーブログ キッズサッカーへ
にほんブログ村
| くおパンダ | キッズサッカー 幼児サッカー 幼稚園・保育園 | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
クオラFC
クオラFC
クオラFCトップ
クオラFC
クオラFC
クオラFC幼児
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM